サイクリング体験|やまなみサイクリング|尾道自由大学の複製

¥5,000価格

尾道の里山を訪ね、暮らしを感じるライド!

 

尾道自由大学のページは→こちら

 

●講義内容

 

自転車に乗っていつもとは違う尾道を探索しよう!

 

 瀬戸内しまなみ海道のサイクリングロードは、日本で初めて海峡を横断できる自転車道と言われ、サイクリストが颯爽と駆け抜けていく姿が風景の一部になっています。また、全ルートの走破を目指さなくても、近くの島までゆったりと出かけてみるのもオススメです。

 

 自分だったら、どんなことを学びたい?
 あなたがワクワクする瞬間をシェアしよう

 

でも、尾道の魅力は海や島だけではありません。

 

 尾道自由大学のスタッフと一緒に、尾道の里山風景を自転車で尋ね、山の麓に広がる田畑や、山奥の温泉、隠れ家のようなお店など、普段あまり観光では行かないような尾道の秘境へと出かけてみませんか。いつもとは違う、尾道の暮らしを感じられる旅になるはずです◎

 

今回のルート案内

 

 今回のコースは、尾道自由大学キャンパスをスタート地点に北上し、尾道の秘境と呼ばれる原田町を目指します。距離は片道約15km。途中、人気のパン屋「じいじの森のパン屋さん」や「原田温泉ゆうじんの湯」にも立ち寄りたいと思います。行程に余裕があれば、原田芸術文化交流館「やまそら」や「ひょうたん工房」に立ち寄ることも可能です。

 

 行きは登り道が多いのですが、その分、帰りは、ひたすら下り道。ゆっくり無理せず、休みながら各自のペースで進みます。一緒にやまなみサイクリングの入門コースを走ってみませんか?

 

やまなみサイクリングとは?

 

 しまなみ海道に対して、尾道から島根県の松江市までを結ぶ自動車道「やまなみ街道」があるのをご存知でしょうか?そして、実は「やまなみ街道サイクリングロード」も同様に一般道を通り広島県と島根県を結んでいます。世界遺産の島根の石見銀山で取れた銀を尾道まで運んだ銀山海道とも一部被る歴史のロマンを感じることが出来ます。

 

 これから徐々に距離を伸ばしていき、いつかは、やまなみ街道の完走を目指したいと思っています。一緒にロマンを追ってみませんか??

 

●こんなかたが対象です

  • サイクリングが好きな方
  • 身体を動かしてリフレッシュしたい方
  • 里山の風景が好きな方
  • 新しい尾道の魅力を発見したい方

 

●タイムスケジュール
10:00

オノミチシェアに集合、メンバー紹介

 

10:30

往路出発


12:30~13:00頃
温泉や昼食を堪能します

14:00
復路出発

15:00
オノミチシェア戻り予定(途中解散も可能です)

 
★【紙チケット発行】
  • 利用イメージ

    1)電話予約をする

    2)ご来店

    3)体験開始

  • 利用条件

    所要時間 :300分

    利用条件 :1人(最大人数5人)

    対象年齢 :18歳以上

    購入時からご利用までの期限:90日

    持ち物、その他注意事項

    どんな自転車でも参加頂けます。ウェア等も自由です。 
    水分補給するための飲み物をご用意ください。
    昼食は途中のパン屋さんやゴールの温泉などで食べられますので、当日のペースを見ながら相談して決めたいと思います。
    ※必要に応じて各自で保険にお入り下さい。
    ※自転車をお持ちでない場合やレンタサイクルが手配出来なかった場合はご相談下さい。
    ※別のコースを走ってみたい方はご相談下さい。

  • 店舗情報

    ●尾道駅

    ●または尾道シェア

    住所 :尾道市土堂2丁目10−24 2F

    駐車場:なし ※近隣有料駐車場有り

     

    ●キュレーター:高野哲成

    プロフィール

    京都生まれ滋賀育ち。別府の立命館アジア太平洋大学にて環境、社会学、メディア等について分野横断的に学び、立命館大学にてMBAを取得。医療機器メーカーに入社後は甲府と富士宮の工場にて日本企業のものづくりを学ぶ。そして、地域の音楽やアートのイベントに関わる中で、様々な分野の人たちとの交流が生まれ、より暮らしに近い分野に惹かれて転職を決意。西粟倉村に移住し、村楽エナジーの薪工場で働きながら、バイオマスと林業について学ぶ。現在は、尾道にて子供たちに残したいものについて思考し実践する日々。レコ屋を愛す。イベントやお店のBGMの選曲にも取り組む。

     

サービス

サポート

運営​ 株式会社KOTOYA

営業時間

10:00~18:00

(日曜・祝日休み)

広島県三原市明神2-15-7

  • Instagramの - 灰色の円
  • 〜体験をギフトする〜 KOTOYA

©2018 KOTOYA

0